有名ホテルの顔として活躍した実績を武器に
ホテルレストランに新しい風を吹き込む。

裏磐梯レイクリゾート 洋食料理長 
2015年入社

PROFILE

大手ホテルチェーンのレストランシェフとして、当時のホテルレストランにバイキングを導入。今日のホテルビュッフェの礎を築いた立役者として、そしてホテルの顔として活躍し、黄綬褒章も受賞。2015年より裏磐梯レイクリゾートの洋食を取り仕切る料理長に就任。グランベルホテルグループのハード面の魅力を感じながら、料理はもちろんのこと、人材育成などのソフト面の強化にも尽力。現在、全日本司厨士協会東京地方本部会長。

「おいしいものをお腹いっぱい味わえる場所」
お客様の笑顔のために、最高の料理を作り続ける。

裏磐梯レイクリゾート内のレストランで、洋食料理長としてフレンチのシェフを務めています。グランベルホテルグループは、ハード面の素晴らしさはもちろんですが、ホテルに限らず、旅館からリゾートまで様々なフィールドがあるのが特徴。多岐にわたる強みを互いに共有していけば、より発展していけるという将来性に惹かれてやってきました。当然ながら、私の仕事はお客様に質の高い料理を提供して喜んでいただくことに尽きます。最高のおもてなしとは、「おいしい料理をお腹いっぱい食べて、笑顔になっていただくこと」。仕事をする上で大切にしていることは非常にシンプルですし、これからも変わりません。豊富なバリエーションを楽しめる当ホテルのレストランの魅力を活かしながら、調理場やホテルのスタッフをはじめ、地元農家の方々ともコミュニケーションを深め、新しいメニュー作りに取り組むのが私の使命。これからもお客様に喜んでいただける最高の料理をつくり続けていきたいと思います。

新しいことに挑戦し続ける姿勢が
斬新さを生み出し、お客様満足につながる。

数多くの料理を手掛けてきた中でも、特に思い出に残っているのがホテルレストランでは当時斬新だったランチバイキングを導入したことです。料理人とお客様の距離が近く、目の前でどんな料理が出てくるのか、どんなパフォーマンスをしてくれるのか、お客様のワクワク感を醸成することができるのがバイキングの醍醐味。前例のない挑戦でしたので、当時は賛否両論ありましたが、初めて手がけた100席規模のバイキングにはすぐさま行列ができ、売り上げも好調に推移していきました。私自身が「新しいことに挑戦し続ける姿勢」を保つことができるのは、こういった実体験があるからです。お客様に満足していただく料理を提供するためには、さまざまな試行錯誤が不可欠。今はインターネットの普及により情報が充実し、あらゆることがひとりで完結できてしまうことが多い時代ですが、料理人同士、また地元農家の方々などと生きた情報を交換することも、「新しいことを生み出す」ためには必要です。グランベルホテルグループのレストランの可能性を最大限に引き出すために、私自身の経験をスタッフに伝え、皆とともに新しいことにチャレンジしていきたいと思います。

修行時代を振り返って

耐えることが自信に変わり、
「やればなんとかなる」という強い気持ちに。

15歳から料理の道に入ったので、私にとってはそこからの全てが学びの場でした。修行時代はとにかく苛酷で、逃げ出したくなる時も正直ありました。それでも、そこで頑張れたのは「絶対に料理長になってやる」「今の料理長に追いつき、いつかは追い越したい」という強い気持ちがあったから。結果、40歳という当時としては異例の速さで料理長になることができました。壁にぶつかっても、明確な目的を持つことで耐え、そしてそれを自信につなげて次の挑戦への原動力に変える。困難に対する乗り越え方を身につけられたのも、厳しい修行時代があったからこそだと思います。本もたくさん読みましたし、先輩シェフの技術も意識的に学ぼうと心がけました。重要なことは受け身ではなく、自ら学ぶ姿勢をもって全力で日々の業務に取り組むこと。そうすることで、数年後振り返った時に「自分成長したな」と初めて感じることができるのだと思います。そんな意欲あふれる方と一緒に働けることを今から楽しみにしています。