社員寮紹介

グランベルホテルグループは社員が安心して社会人生活をスタートできるように、各拠点に寮を設けています。

家賃

都内勤務 1万3千円

リゾート・旅館勤務 5千円〜1万円

先輩社員に聞いてみました!

※拠点ごとに寮の形式が異なります。

共有スペースあり(リゾート・旅館勤務)
01

寮に入る前のイメージは?

ずっと実家に住んでいたので、寮と聞くと気を遣わなければいけない「共同生活」というイメージでしたが、実際は皆自分のペースで生活していて気を張ることもなく、とても快適です!一人暮らしに不安がありましたが、同期や社員の方が周りに住んでいてすぐに顔を合わせることができるので、まったく寂しくありません。

02

寮生活のエピソード

上司や同期、後輩たちと、共同スペースで一緒に料理をして食べたり、映画を観たりしています。メンバーが新しく来たときも、そこで歓迎会をしてわいわい楽しんでいます。共有スペースで仕事仲間とご飯を作っていたら、調理部とたまたま一緒になり、魚をさばいてくれたり、ささっとおいしい料理を作ってくれました。思わずその手さばきに感心してしまいました!

03

寮に入ってよかったと感じることは?

学生の頃はほとんど家事をしてきませんでしたが、料理や洗濯、身の回りの整理整頓をしっかりするようになりました。大人への第一歩を踏み出せたようで、実家を離れてみて良かったと感じています。寮費が安いためお金が貯まるようになりました。私は勉強と観光を兼ねて旅行に行くのが大好きで、貯まったお金で月に1~2回は他社ホテルや旅館へ行く費用にしています。

04

交流の場としての寮は?

誰かとご飯が食べたいと思ったときには、親しい上司や同期に声を掛けて鍋パーティーや映画鑑賞会を開きます。上司からは普段仕事場では聞けないような貴重な話を聞くことができるので、今までの経験談や武勇伝を聞いて、たくさん刺激をもらっています。上司や後輩とお酒を飲みながら今後の夢や展望を話すと、仕事の活力にも繫がります。

05

住環境としての寮について

共同スペースの掃除は、寮母さんがやって下さいます。自分の部屋の片付けは自己責任!暖房が元々部屋についていて窓も二重窓なので、冬でも安心です。デスクやベッドを実家から送ったので、実家の自分の部屋のようにくつろげます♪むしろ実家の部屋より寮の部屋の方が広く、今では実家の部屋よりも落ち着く環境になっています。

06

オフの過ごし方

外出するのが好きなので、旅行や買い物、上司や後輩とランチや映画鑑賞、わかさぎ釣り等に行くこともあります。仕事とは違った一面を知れたり、普段話さない女子トークを話したり、普通に暮らしていたら交わらない年代の方とお出かけするのはとても刺激的です。裏磐梯に来てから1年半ほど経ちますが、周辺には絶景スポットがたくさんあるので、未だに全然飽きません!

共有スペースなし(都内勤務)
01

寮に入る前のイメージは? 

大学時代から住んでいたアパートより、圧倒的に安い価格であったため、どのような寮か少し不安でしたがオートロック式で独立したワンルームになっていて快適に過ごしています。同期が近くにいる一方、「先輩への挨拶など上下関係が厳しいかもしれない」といった不安がありましたが、皆さん優しくて不要な心配でした。

02

寮生活のエピソード

寮の同期とは頻繁に連絡をとりあいます。調味料や調理器具の貸し借りをしたり、体調が悪い時に相談したりと、助け合いができるのでとても助かっています。自炊して作り過ぎた時に、同期に連絡しておすそ分けしてあげることも。休日に一緒に買い物に出かけたりするので仕事もプライベートも一緒にいるねって笑っています。

03

寮に入ってよかったと感じることは?

なんといっても経済面!家賃が低価格な分、趣味や自己啓発にお金をかけたり、貯金ができるところです。また気軽に同期をご飯や遊びに誘うことができ、交流が増えたのも良かったです。仕事で悩んでいる時に、相談できる存在が近くにいるので頼りになります。あとは、寮は会社の総務部が管理しているので、何かあったときは気軽に相談できます。

04

交流はありますか?

たくさんあります!同期や会社の方と仲良くなるのは、本当に些細なことが「きっかけ」になります。たとえば、何かを貸し借りしたり、一緒に寮の清掃に取り組んだり。そうした、「きっかけ」で溢れているのが寮だと思います。いろんな地域出身の方がいるので、様々な話がきけますし自分の世界が広まりました。

05

住環境としての寮について

一人暮らしには十分なスペースがあるので、満足しています。ゴミは種類によって指定された日の朝に出す必要があります。たまにしかない資源ごみの日などをうっかり見過ごしてしまったときのショックは大きいです(笑)最初の方は同期のグループラインでゴミの曜日を共有し合っていました。

06

オフの過ごし方

出かけたり、部屋でゆっくりしています。本を読んだり掃除をしたり、料理をします。実家では家事全般をしてもらっていて、できなかったことが一人でできるようになり成長したなと思っています。私は、出身が関西なのでまだまだ東京観光が楽しいです!1時間ほどで東京の有名な観光名所にいけるのが嬉しいです。